img-1

胃がん検診のお話です。

市民検診でも行われている胃がん検診ですが2010年の統計では男性1位女性は3位となっています。
がんの中で胃がんの発生が多いことになります。


これを早期発見のために行うのが胃がん検診です。



特に65歳以上の方での発生率が高くなりなす。
最近では、胃がんの発生率とヘリコバクターピロリ菌という胃に住み着く菌の関係性が重要視されています。
この菌は、一度胃に住み着くとじわじわと胃の粘膜を荒らし何十年もかけて胃がんになりやすい胃に変えていきます。



この菌が胃にいるかを調べる方法には血液検査や内視鏡検査尿素呼気試験など吐く息を調べる検査などがあります。


ここで感染が分かれば菌除去用の薬を一週間飲むことで駆除することができます。



しかし、一度胃がんになりやすい胃の粘膜になってしまうとなかなか元にはもどりにくくなります。



そこで定期的な胃がん検診が重要になってきます。

胃の検査には口や鼻からスコープを挿入し胃の内部を直接観察する内視鏡検査やバリウムという白い液体を飲んで検査をする胃透視という検査などがあります。



内視鏡検査のメリットは、直接胃を観察でき怪しい所があるとバイオプシーと言って組織を採取し細胞検査をする事ができます。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13173429518

また、早期の病変が発見された場合はその場で粘膜を切除することも可能です。
デメリットとしては、内視鏡を飲む苦痛を伴うことがありますが最近ではお薬で意識レベルを少し落としボーっとしている状態で検査をする施設も増えていますので苦痛は少なくなってきています。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10144945480

それでも、どうしても内視鏡が苦手な方は胃透視検査を選択される場合もあります。

https://matome.naver.jp/odai/2140353203914450301

まずは、ご自分に合った検査を専門施設でご相談され胃がん検診を受けられる事が良いです。

関連リンク

img-2

20代から定期的に受けるがん検診

がん検診は、二十歳を過ぎたら定期的に受診することによって生命に関わる病気から健康を守ることができます。近年の日本ではがんによる死亡数が上昇し、発病する年代も若齢化してきています。...

more
img-3

子どもにも伝えておきたいがん検診の大切さ

日本では、がんは2人に1人が罹り、3人に1人が死亡する病気と言われています。がんができる部位により、罹りやすくなる年齢が違ったり、女性特有・男性特有のがんなど、違いがあります。...

more