img-1

健康な人生を守れるがん検診

がん検診は定期的に受ける必要があります。



検査には受けるがんの種類や臓器によって検査方法が異なります。



咽頭や食道、胃の検査をする場合は内視鏡カメラを経口や鼻から挿入し、医師の目で診察を行います。



ポリープや炎症を起こしている病変も見つけられます。大腸の場合は便検査によって潜血反応をチェックするとともに、大腸ファイバーを挿入し、診察を行います。

肝臓や膵臓などの臓器は超音波エコー検査を用い、肺がんの検査はレントゲン検査を行います。

がん検診の種類によって前日からの食事が制限されたり、下剤を服用する場合があります。
検査の必要な時間もがん検診の検査項目によって変動します。
ほとんどの検査は体にかかる負担が少ないので、気軽にリラックスして受診できます。



検査を受ける期間は年齢や病歴を参考にして決めるのが良いですが、平均して3年の間に1回から3回のがん検診を受けるのが良いです。
近年の日本ではがんが発生する年齢が若い世代でも増加をしていて、20代や30代でがんになる人が増えています。



年齢が若い世代のがんは増殖力が早く進行も早いのが特徴なので、二十歳を過ぎたら定期的に受診するのが良いです。


喫煙習慣やアルコールを飲酒する方も定期的に検査を受ける事で生命に関わる病気の早期発見ができます。

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9127496.html

早期で発見し、早期治療することによって生命の危険を避け完治を目指せます。

http://tsutaya.tsite.jp/item/book/PTA0000GC6D1

治療法方法自体も体への負担を軽くできるので、がん検診を受ける事はとても重要です。

https://okwave.jp/qa/q7111071.html

関連リンク

img-2

がん検診とそのメリット

がん検診はがんを早期発見して適切な治療を早くに行うようにすることで、がんの進行を抑えたりがんによる死亡を減少させることが目的で行われています。また早期発見、早期治療を行うことで完治できるものもあります。...

more
img-3

子宮がん検診について

子宮がんは婦人科のがんで最も多いとされ子宮頸がんと子宮体がんに大きく分けられ、それぞれに検査方法も違ってきます。一般的に子宮がん検診というと子宮頸がんの検査コースが中心になるので、子宮体がんが気になる人は検査内容を医療機関に確認しましょう。...

more