img-1

がん検診とそのメリット

がん検診はがんを早期発見して適切な治療を早くに行うようにすることで、がんの進行を抑えたりがんによる死亡を減少させることが目的で行われています。

また早期発見、早期治療を行うことで完治できるものもあります。


がん検診の対象は症状がない人です。



無症状の人には進行がんが少なく、早期のうちにがんを発見することができます。



また、がんが早期に見つかると言うことだけではなく、がんになる前の病変を発見することもできます。



子宮頸癌における異型上皮や大腸がんにおけるポリープと呼ばれる大腸線種などを発見し、それらを治療することでがんになることを防ぐことができると言うメリットがあります。



がん検診を受けて、以上なしの結果が出ると安心することもできるのもメリットの1つです。


ただし、がんが発生した時点から一定の大きさになるまでは発見することができないこともあります。

がんの種類や発生しているがんそのものが見つけにくい形をしていたり、見つけにくい場所に発生しているなどといった場合などです。



そのため一度がん検診を受けて以上がなかったと言って安心してしまうのではなく、定期的に受けるようにすることが望ましいです。


がん検診は一次検査と二次検査があります。

http://news.livedoor.com/article/detail/12845058/

一次検査ではスクリーニングと言う健康な人と少しでもがんの可能性が疑われる人に分類し二次検査で精密検査で詳しく調べます。

https://allabout.co.jp/gm/gc/302508/

可能性がある人は二次検査を受けますが必ずしもがんと言うわけではありません。


もし再検査と言われても不安に思わず検査を受けるようにしましょう。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10144945480

関連リンク

img-2

がん検診の本当の意味とは

がん検診は10年前に比べてその検診者が増加しており、しかしながら欧米に比べて日本の検診率はまだまだ、半分以下とも言われており、がん検診を受けることを国としても奨励しており、徐々に検診率が高まってはきました。誤解されがちなこととして、がん検診が早期発見であると考える人が多いでしょうが、早期発見は結果論であり、結果として発見したがんが早期のものであれば、その言葉が当てはまるのですが、発見した時にすでに症状が進行しており、末期であることも少なくはない例としてあります。...

more
img-3

がん検診にはデメリットもあることを理解する

どんな検査も万能ではないように、がん検診にもデメリットはあります。確かに近年ではがんの検査制度が上がり、治療技術も発達してきました。...

more