img-1

どのがん検診が最適の検査方法か

がん検診の中には、細胞の一部を切り取って、それを顕微鏡で見てがん細胞の有無を調べる検査もあります。



例えば女性の膣にハサミのような医療器具を入れて子宮頸部の一部を切り取る子宮細胞診などがこれにあたりますが、これは麻酔なしで行うため、痛みが伴うことがあります。

人によって痛さの度合いは異なると言われていますが、病気だと疑われる人に対しては何箇所もハサミで切り取るため、痛さを感じることが多いようです。



がん検診に痛みが伴うことで、検査が苦痛になって受ける頻度を少なくしてしまうケースもあります。



今までは年に一回行っていたけれども、だんだんとがん検診から足が遠きます。

細胞を見るために肉体の一部を切り取るというのは、考えてみればかなり荒技の検査方法です。



とは言え、がん細胞の状態を正確に把握できる検査方法だけに、有効な手段として使われているケースが多いです。
痛くない検査方法としては、検査医が診て判断する方法もあります。これは既にがんが見つかった人が定期的に受ける検査で、視診なので正確な状態はわかりませんが、医師に診てもらうことで精神的な安定につながるという効果もあるようです。



痛くない検査方法としては、MRIなどを使った方法があります。

https://matome.naver.jp/odai/2139559416329856101

ただ、MRIは特別な機器を使うために検査費用が高額になってしまうのがデメリットです。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2400T_U2A620C1CR8000/

定期的に受けるのであれば、もっと費用が安くないと金銭的にきついです。

https://okwave.jp/qa/q6894714.html

検査方法にもそれぞれメリット・デメリットがありますから、自分で妥協できる方法を見つけてみましょう。

関連リンク

img-2

どのがん検診が最適の検査方法か

がん検診の中には、細胞の一部を切り取って、それを顕微鏡で見てがん細胞の有無を調べる検査もあります。例えば女性の膣にハサミのような医療器具を入れて子宮頸部の一部を切り取る子宮細胞診などがこれにあたりますが、これは麻酔なしで行うため、痛みが伴うことがあります。...

more
img-3

がん検診の本当の意味とは

がん検診は10年前に比べてその検診者が増加しており、しかしながら欧米に比べて日本の検診率はまだまだ、半分以下とも言われており、がん検診を受けることを国としても奨励しており、徐々に検診率が高まってはきました。誤解されがちなこととして、がん検診が早期発見であると考える人が多いでしょうが、早期発見は結果論であり、結果として発見したがんが早期のものであれば、その言葉が当てはまるのですが、発見した時にすでに症状が進行しており、末期であることも少なくはない例としてあります。...

more